KNOW–HOW

  1. トップ
  2. 転職ノウハウ
  3. 医療機器営業の志望動機をどのように伝えるか?

医療機器営業の志望動機をどのように伝えるか?

医療機器営業の志望動機面接の準備をする過程で意外と練られていないのが志望動機です。

まず、「自分はなぜ転職するのか?」という動機、すなわち自分にとって現職(前職)で実現できない(できなかった)何か、が医療機器業界の営業職として働くことにより実現できる、というふうに繋がらなければ、面接官の納得のいく志望動機とはならないでしょう。

医療機器業界の営業職は「業界的に安定成長している」「給与がいい」等の志望動機もよく見られます。もちろんそれらも立派な志望動機です。 しかし、医療機器の営業は、人の健康、命に関わる仕事です。責任が重く、実際に手術の現場に入るケースもあるなどプレッシャーも大きい仕事だといえます。 また、自社の製品や、製品に関わる疾患、治療の知識を最初の研修段階で身に付け、かつ継続的勉強していかなくてはなりません。

「業界的に安定している」、「給料が良い」等の動機だけでは、入社してから大きなギャップを感じてしまう可能性が高いですし、面接官もそういった判断を下すでしょう。 もちろんそれらの志望動機がダメというわけではありませんが、採用側は、そこに医療機器業界で働くことの「覚悟」を見いだせません。

医療機器営業職の責任の重さや業務内容を理解した上で、「自分の思う成長ができるだろうか?」「やりがいを持って働くことが出来るだろうか?」ということを考えてみてください。 おのずと皆様それぞれの志望動機が見えてくると思います。

是非弊社のコンサルタントにもご相談ください。もちろん皆様の志望動機を代わりに考えることはできません。 しかし、医療機器営業の現場や、コンサルタントが実際に働いて感じたやりがい等のお話をさせて頂きながら、みなさんの考えを整理するお手伝いをすることにより、皆様それぞれの志望動機を固めるお手伝いができると思っています。

転職をお考えの方は、無料転職サポートにご登録ください。
ご登録前のご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-6384-7464(平日 9:00~18:00)

PAGETOP